FC2ブログ

フィンランドの教育

フィンランドは人口530万人ほどの北欧の国ですが、

国際学力テストででは、常にトップクラスの成績を維持しています。

教育の在り方が日本と本質的に異なることに驚かされます。

新聞報道や教育関連雑誌などを読んではいつも考えさせられてしまいます。

最近、マイケル・ムーア監督のドキュメント映画を観みてから

教育とは何かの、答えがいっそう明確になったように思えました。

フィンランドでは

給食費0

教育費 大学まで無償

宿題無し

授業時間は週に20時間まで

全国統一テストなし

学校間の格差無し

ほとんど公立学校だけ
(金持ちの子も貧しい家庭の子も同じ環境で学ぶ)

徹底的に自分で考える力の養成。

学校は「幸せになることを」学ばせるところ。

子供は遊ぶことから学ぶ

教師が尊敬されている

など


思いついたまま書けば、

日本の学校教育には運動会や各種の厳かな式典がありますね。

かっちりとした制服もあります。

規律と服従、強いもの能力のあるものを序列化するシステム。

教育は法に従って徹底的に管理しなければならないという長年の掟?。

異質な考え考え方や行動をする児童生徒学生を排除する傾向。

思いやりや優しさ、幅広い豊かな情操を育てるには不向きなシステムです。

偏差値で輪切りにし、塾に通わせ、無駄な知識を詰めこむ学力至上主義、

教師たちの不品行の増加、教育関連の事件を覆い隠そうとする傾向などは

今後の日本の行く末を示しているようです。

そして教育格差がそのまま格差社会に直結している硬直化した社会・・・。

もちろん一概に論じることはできませんが、

明るさよりも暗い未来を想像してしまいます。

集団の中で自分がどの位置にいるのか、だけに意を注ぐ人々が作る国には

変革の兆しは生まれません。







LEDライトの功罪

オフィスの蛍光灯の寿命が来たようで、全部を交換しようと思い、業者さんに問い合わせをしました。

すると、『もう製造中止で、在庫があるかどうか確認する』との返事でした。

省エネ化でLED照明への置き換えが想像するよりも速く進行しています。

すでに白熱電灯はほとんど駆逐されています。

以下はネットからの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに、LED照明は、蛍光灯と比べ、「寿命が長い」

その上、「消費電力が少ない」と経済的には優れたものです。

更に、蛍光灯や水銀灯と違い、蛍光剤や水銀などの「有害物質」も含まれていませんし、

機器に起こるノイズなどの「余計な電磁波の発生も少ない」など、沢山のメリットがあります。

しかも、発光した光に含まれる「紫外線」の量も少い為、皮膚に与える被害も少なく、

虫の見える波長が主に紫外線である為、人間には見える照明の光であっても、

虫にとっては、見え難い薄暗い光なので、「虫が寄って来ない」というメリットもあります。

この様にLEDのメリットに関しては、蛍光灯よりも優れ、一見すると人体にも優しい技術の様に見えます。

一方で、

LED電球やLED蛍光灯などのLED照明には、目に

有害な「青色光(ブルーライト)」が含まれており、眼のみならず、

睡眠などの生体リズムへの間接的な障害が生じる事が懸念されています。

青色光(ブルーライト)の弊害は大きく分けてニつあるのですが、

その一つは、よく知られている眼に与える影響であり、

大気中の粒子にぶつかった光が散乱し易い為、

ピントを合わせる為に瞳孔を収縮させる毛様体筋を刺激する事で眼が疲労し易くなり、

その結果、眼精疲労やドライアイが引き起こされます。

もう一つの弊害は、生活リズムに与える影響です。

特に夜、長時間浴びると、メラトニンというホルモンの分泌が抑制され、生活リズムが狂ってしまい、

不眠などの原因となる可能性が指摘されています。

この青い光の波長は、人間の副交感神経を刺激しますので、

青色光(ブルーライト)は、副交感神経を刺激します。

長時間青色光(ブルーライト)の下で、副交感神経が優位の状態で働けば、

身体は、バイオリズムを崩し、個人差はありますが、体調不良になる事もある訳です。

引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類は長い間、太陽光や有機物を燃やすことから得られる燃焼系の光(炎)の環境下で生きてきました。

プリズムで分光すれば赤から紫までまんべんなく光の波長が含まれています。

比べて人工照明はわずかの限られた波長だけです。

空恐ろしくなります。

急激な光環境の変化に遺伝子が対応できないことが起きるはずです。

すでに眼や神経系への障害をはじめ、

気づかないような深い傷がDNAに組み込まれる可能性は否定できません。

もう戻ることは不可能ですが、出来るだけ太陽光を活用し(窓際に座る)

機会があればランプやロウソクや、焚火の火を楽しむことを気掛けましょう。

(たぶん無理ですね。)

この世の事象はすべて陰陽セットです。

陽、極まれば陰となる、陰、極まれば陽に転ず。

人類はあらたな課題に良い答えを出せるでしょうか。



幸運

私たちは、無数の波動フィールドにいます。

その中には自分にとって意識向上のために必要な波動が含まれています。

その波動を、思考や感情からなるエゴが自身の都合の良い選択によって

拒絶したり、無意識に跳ね返したりしています。

調和のとれた人間関係や、健康~自然治癒力、豊かさなどを逃しています。

それを運を逃す、というようです。

私たちは、自身のエゴを守ろうとして、

膨大な意識の今している意識を拒み、自由をすて、強固な檻の中に,

嬉々として住んでいます。

自己の正当化は誰にもあります。

思考力にも自信があります。

判断力も、知性も、あると思っています。

実は、これらのほとんどがエゴの仕業なのです。

それらをいったん脇に置いてみましょう。

そのためには、「保健水」の飲用や「画像燃やし」が一番の近道です。

まず、ゆるみます。こころが自由になります。



*ときどき「受動ベルト」を「左手首」に装着します。

良い波動を素直に受け入れることが楽になるのがよくわかります。

多分、脳圧が下がるのでしょう。

「受動ベルト」とは、師匠のご教示に従って造ったものです。

ある鉱石を粉末状にし、シリコンで練り固め、

腕時計状に加工した優れものです。

10数年前に、会員さんにプレゼントしています。

忘れていた方は、机の引き出しの中を探してみましょう。

頭の中の、「うるさい脳内会話」が減るでしょう。

運が良くなるかも・・・・。


*幸運の女神はたいてい優しい美人ではありません。念のため・・・・。


5月1日

平成から令和へ、

いよいよ新時代の幕開けです。

心新たにこの日を迎えられた方も

多いと思います。

わたしたちは、

新しい「令和」の時代を

幸せや喜びに満たされて生きるための各自の取り組みに、

まったく新しい視点を持つために、

「意識の機序」を体得し、磨くことを提案しています。

「令和」の時代は、

既存の枠組みからから、

真に新しい段階に飛躍が起きる可能性があります。

「意識の変容」を成し遂た人々が

各地に現れてくる時代になるかもしれません。

世界の平和も個人の幸福も

同じひとりの内側にこそ答えがあるということに

気がつく時代にしたいものです。





平成最後の日

様々な課題を重ねながら、平成は終わります。

特にわが日本において顕著な問題は、

「非婚少子化」
「人口減」
「高齢化」
「地方の過疎化」
「東京一極集中」
「生産の空洞化」
「金融の空洞化」
「国際競争力の低下」
「国内生産性の低下」
「教育全般にわたる制度疲労、劣化」

など深刻な問題に取り囲まれています。

ほとんどが経済問題からみ、我々国民が造った負の課題ですね。

一人一人の国民の心が生み出した、いわば鏡像です。

根底にあるのは各人のエゴです。

エゴは消せません。

逆にさらに強固になり巨大化しそうです。

このままでは、「令和」が明るい希望の時代になることは難しい。

さらに大きな困難が必ず来ます。

予測が難しい巨大地震、世界的な金融ショック、など・・・。

人類そのものの存続が問われます。

一人一人が、「外」から「内」に向かう「扉」を開き、

観察の視点を変えなければならない時が来ています。


重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる