乳がんの確率

クライアントの女性K(40歳くらい)さんから相談があった。

「乳がん検査のためにマモグラム検査を受けた結果陽性反応が出た。

そこで、ひきつづきMRI検査を受けたところ異常はなかったが、

念のために生体検査をすることになった、大丈夫だろうか?」

直観では、大丈夫、心配はない、という確信はあるのだがさてどれほど確かなのか。



いろいろの関連資料を見る中で、面白いデータがあった。次のようなものである。

「40歳の女性が乳がんにかかる確率は1%である。

乳がんにかかっている女性がマモグラム検査を受けると、検査結果は80%の確率で陽性になる。

しかし、乳がんにかかっていない女性が検査を受けても9.6%は陽性になる。

ある40歳の女性がマモグラム検査を受けたところ検査結果が陽性だった。

この女性が乳がんにかかっている確率はどれくらいだろうか?」

データによると普通一般の人の答えは80%が最も多かったそうである。

この答えは完全な間違いである。

問題の主旨が分かりつらいからである。

少し考えれば、簡単には答えにくいことがわかる。

私は、大学では数理学を学んできたので、この問いの難しさはよくわかる。

数学の得意な大学生にとってもけっこう難問となるだろう。

数学的な推定確率はベイズの定理を使う。

正解は7.8%となる。

80%なんて、とんでもない数値である。

実はアメリカで専門の医師達にこの問題をだしたところ、

ほとんどの医師が間違った答えを出したそうである。(正解率5%)

つまり解けなかったということである。

医師とはいえ数学が専門ではないのだから、これは仕方がないことである。

決して医師の言うことをうのみにしてはいけない。


さてKさんだが、MRIでも異常はなかったので乳がんの可能性は0%に限りなく近い、

意識エネルギー的にみた遠隔の反応でも異常はない。

「医師はおそらく『異常ありません』というと思います」、と伝えた。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる