映画「風立ちぬ」

「風立ちぬ」は宮崎駿監督の5年ぶりの新作である。

世界に名をはせた第二次世界大戦の初期の名作戦闘機ゼロ戦の設計者堀越二郎の生涯と、

堀辰雄の「風立ちぬ」をあわせた、飛行機完成までと

若い二人の出会いから儚い別れまでの愛の物語である。

ゼロ戦は強力な機関砲と卓越した運動性能を併せ持つ当時の最高傑作機であった。

調和の取れた美しい機体には設計者の天才的な造形美やセンスがうかがわれる。

戦闘マシンというよりも空を舞う優雅な鷹のイメージか。

私は、この戦闘機の出来上がるまでの苦闘の物語と、

華々しくデビューしてからの空中戦の勇ましさを期待して観にいったが、思い違いだった。

ゼロ戦は終わり間際の1カットのみで、あった。しかも戦闘場面はなし。

当時は不治の病とされた結核に侵された少女と天才技師の出会いと、覚悟の結婚、

そして風とともに去ってしまった記憶の余韻。

「風立ちぬ、いざ生きめやも」

画面を流れる風の透明感、はかなく、優しく、悲しく、実に美しい。

期待にはなかったが、人の心の愛しさ(かなしさ)にこころが動いた。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる