ちょうど良い

ネット上の良寛様 本当は・・・・・・・・・・

親戚の法事が真宗大谷波の寺院でありました。

帰ってから、気づきネットで見ると、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「丁度よい」 (再々掲 2007.02.22)

お前はお前で丁度よい

顔も体も名前も姓も

お前にそれは丁度よい

貧も富も親も子も

息子の嫁もその孫も

それはお前に丁度よい

幸も不幸もよろこびも

悲しみさえも丁度よい

歩いたお前の人生は

悪くもなければ良くもない

お前にとって丁度よい

地獄へ行こうと極楽へ行こうと

行ったところが丁度よい

うぬぼれる要もなく卑下する要もない

上もなければ下もない

死ぬ月日さえも丁度よい

仏様と二人連の人生

丁度よくないはずがない

丁度よいのだと聞こえた時

憶念の信が生まれます

南無阿弥陀仏

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「丁度よい」は、

石川県野々市町の真宗大谷派常讃寺坊守、藤場美津路(みつじ)さんが、

月に一度発行する寺報「法友」の82年2月号に掲載されたものでした。

最初の題は「仏様のことば(丁度よい)」。

「仏様の声が頭の中に聞こえてきたので、そのまま書き取りました」という

ことのようです。

信者ら70人ほどに配ったところ、書き写して友人に贈ったり、コピーして

配ったりが繰り返されて、全国に出回るようになった。

いつしか題は「丁度よい」だけになり、

宗教的な色彩の強い最後の5行が省かれ、

作者も良寛に。

藤場さんは、

「間違われた良寛様も苦笑なさっておられるのでは。この詩は、

「自己否定の苦悩の中に聞こえた仏様の慈愛の言葉です。

安易な現状肯定ではありません」

と話されたということです。


(山や、スキー場、他観光地では終わりの5行を省いて、良寛の「丁度よい」

という木札などで販売されていますが、作者は 藤場さんです。)









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる