へそ塩2

「へそ塩」はおよそ7年前に初めて紹介していただいた療法である。

仰向けに寝て、おへその窪みに塩(自然塩)を満たし、

その上に画像をプリントした紙を置く。

紙の上にせんねん灸を2,3回ほどこす、と言うシンプルな療法である。

大切なことは、

画像が特に重要で、テーマに応じたものを使うこと。

生理学的には白紙でもいいのかもしれないが、

意識とエネルギーを根幹に置く我々は画像を最重視する。

再開しておよそ一月たつ。

効果は私にとっては計り知れないくらいである。

気分の起伏は当然あるが、ひどい落込みはほとんどなくなった。

それよりも、生かされている、という喜びがどこからともなく湧き上がってくる。

いったんこの状態が日常化すると、若葉一枚、地面を這う虫一匹さえいとおしく感じる。

白い雲が即躍動感に変わるし、5月の風は本当に香しい。

会員の方にはぜひお薦めする。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる