問う

Lさん

以前から、師匠に何度も指摘されてきました。

「何事においても、膨大な意識に聞いて行なう姿勢が必要です」

「生かされている事を忘れているがために、それができていません」

「膨大な意識は、いついかなることでも「問いかけ」に応えてくれます。」

最近「結果にフォーカス」する事の大切さを説いてもらっています。

ああ、このこともそうなんだ、と思いました。

隻手(せきしゅ)の声、なんですね。

むかし白隠禅師が修行者たちを前にしてこう言いました。

「隻手声あり、その声を聞け」

(意:両手を打ち合わせると音がする。では片手ではどんな音がしたのか。)

聞こうと言う思い、姿勢が必要なんですね。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる