練習

Lさん

自分が良い面と思ったものとそうでない面は表裏一体です。

目の前に展開する出来事はそういうもののめまぐるしい変化です。

いちいちついてゆくのが面倒なくらいです、実際には不可能かな。

ほんのわずかのものに視野を奪われて、本来の自分の舞台の広さを忘れています。

ですから初めから良い悪いを決め付け無ければいいのです。

これを判断をしないといいます。考えないのです。

初めから全部は無理だから練習なんですね、できることからね。

判断をしなければ、うまくいかない、失敗する、不幸になる・・・・

本当でしょうか、と思うよね。

不安が湧いてきますね。そして囚われます。

迷いも忍び寄ってきます。

エゴがくすくすほくそえんでいるようですよ。

ジャッジは

狭い思考のフライパンの上で料理するようなものです。

うまくいくはずが無い。

ジャッジしすぎて今の自分なんです。

いかがでしょうか、ということですね。

でも、そういう「私」をいとおしんでね。

それでいい、そういう私でいいんだってね。

でなければならない、何てどこにも無いのですよ。

それこそ思考(ジャッジ)なんです。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる