良いも悪いも無い

うちの裏山を一つ越したところに、日本最古のキリシタン墓地がある。

さらに、近くには宣教師の処刑された記念碑があるし、

市内全域でキリシタン弾圧関連の凄惨な史実が語り継がれている。

ところが、これと重なるように、僧や神職、仏教徒へのキリシタン側からの激しい攻撃の史実も残っている。

我が藩の藩主がキリシタンに改宗したころから、その権威を借りたキリシタンの勢力が徒党を組み、

41もの神社仏閣を破壊し、多数の仏教徒を殺戮した。

近くには、冷泉寺、弥勒寺、立福寺、蓮花寺、などの地名だけ残る。

およそ400年ほど昔は、この地方は宗教戦争の真っ只中にあったのだ。

学校で習った日本史には、

一般に「隠れキリシタンは厳しい弾圧に耐え,命を懸けて純粋に信仰を守った」美談として

説明されているが、実は上記のような裏面史がある。

秀吉や家康の禁教令が無かったならば、今頃わたしはカトリックの信者だったかもしれない。

裏山には教会がそびえ、鐘が鳴っていたかもしれない。

インカ帝国がスペイン人に滅亡させられたように・・・・。

世界にも例を見ない300年も続いた平和な江戸時代が無かったかもしれないのだ。

秀吉も家康も、キリスト教宣布の底に流れるスペインの侵略の意図に気がつき、

未然に手を打ったのだろう。あらためて偉大な指導者だったと思う。

すべてに表裏がある。

正義だけ存在することはないのだ。

県は世界歴史文化遺産として県内に広がる教会群を申請するらしい。

それは良いことだが、史実は忘れないでおきたい。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる