山茶花

s-sansaka.jpg


母が40歳ころに植えた山茶花に、今年も、花が次々に咲き開く。

寒さを楽しんでいるような元気よさだ。

山茶花と書いて「さざんか」と読むのだが

本当は「さんさか」が正しいのだそうである。

ツバキ科に属し茶も同じ兄弟である。

だから、山茶花と書いて「さんちゃか」と読む読み方もあるそうだ。

しかし、いったん世間に広がってしまった読み方を訂正するのはとても難しい。

「山茶花の宿」を「さんさかのやど」「さんちゃかのやど」と読めば

ムードも変わってしまうだろう。

去年も同じ事を書いたような気がする。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる