無駄は無い。

膝関節の痛みが悪化して、膝に水が溜まることがあります。

病院に行きますと、水抜きを薦められる事もあります。

本当に抜くべき、捨てるべき水なのか。

あるベテランの外科医に聞いた話では、

水が溜まる原因の一つはのは、炎症で熱を持つ、それを冷やすために水が溜まる。

この水は、対流しながら循環しているそうです。

ラジュエーターの水のように放熱しているらしいのです。

人体の症状には、無駄は一切無い、とのことでした。

最近では、小児科でもよっぽどの高熱でなければ、

解熱剤を処方しなくなりました。

研究では、早期に解熱剤投与するほど、

病気が長引くという結果が出ているそうです。

人為的な都合は自然治癒力を阻害することもあるのですね。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【無駄は無い。】

膝関節の痛みが悪化して、膝に水が溜まることがあります。病院に行きますと、水抜きを薦められる事もあり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる