幹細胞

京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の研究業績で

ノーベル医学生理学賞に決まった。

日本国民として素直に嬉しい。

再生医療や難病研究に大いなる筋道がつけられ、

多くの命が助かるだろう。

研究の今後に期待したい。

それに関連して、

未分化の幹細胞は我等が「真我」の位置である。

ふと、その事を思い出した。

先日の勉強会で「真我を開く」をやってみた。

「真我」は思考の概念ではなく、位置があり、点として実在する。

精神世界系やスピリチュアル系の人には分からないだろうな。

この時に起きる何とも表現しがたい深い開放感は「実在」だからだ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる