黒備前

酒器


先日、「ふっ」と思いついて、伊勢丹百貨店にはいった。

六階のギャラリーで備前焼の展示会があっていた。

焼き物はもともと大好きである。

花器や食器、置物、などの中に酒器のコーナーがあって、

この酒呑と「ふっ」と目があってしまった。

深いしっとりした茶黒の地に金茶色の釉薬が極軽くかけられている。

自然の流れにまかされて作為がほとんど感じられない。

つまり鑑賞する側には、穏やかな安らぎが湧き上がるのである。

なるほど、いい値段がついている。

通り去りがたく、さりげなく前を四度ほども往復した。

呼びかけに抗えず、結局はそれに応えるほかは無く、購入することにした。

ちょうどその場に居合わせた陶芸作家が挨拶に来られた。

「この酒器への思いいれは深いです・・」

「ますますのご活躍を・・・」と私。

「ふっと」に基づく行動だったから、ジャッジの迷路には入らなかった

いい日であった。

黒備前酒呑 廣宗作

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる