ヘリコプター

s-ヘリコプター1

うちの前の田んぼにヘリコプターが舞い、そばの道路に着陸した。

10年以上も昔から見られる季節の風景である。

実は、薬剤散布をする農業用の無人ヘリコプターだった。

害虫を殺し、雑草の繁茂を抑え、より多くの収穫を目指すために

開発された技術である。

はじめてみた時には農業分野に未来のテクノロジーを予感して

ひそかに感動したものだった。

米つくりは、一昔前は重労働の代名詞であったが

今はこれほど楽なものはないと農家の人は言う。

確かに、腰の曲がった老農夫を見かけることはなくなったが、

収穫を心底から喜ぶ笑顔が消えたように思う。

田植え機、ヘリコプター、稲刈り機、コンバインなどの導入で

出費が重なる上に米価の低迷と外国からの圧力で重労働からの解放の

夢がはかないものになってしまった。

人間の思考は、人の苦悩の境界線を決して越えることはない。

3次元という時空の制限はエゴの思う壺なのだ。

重労働からの解放は即幸せとはならないという3次元の法則。

学ぶべきはこの事実を自分の中でどう処理するかである。

あそうか、を何処でつぶやくか。

s-ヘリコプター2





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる