早朝から裏山や庭で、ウグイスが盛んに啼いている。

本来は、この時期には深山の谷間や山腹にいるはずなのに、

どうしたのだろうか。

帰りを忘れたのか、こちらが居心地がいいからなのか・・・・・。

ウグイスの鳴き声に混じって、普段は聞いたことのない鳥の声もする。

盆過ぎの、秋の入り口ころに現れる蝉が鳴き始めた。

それに、例年に比して、家や畑や庭の木々や雑草の勢いすごい。

猛々しいと表現するべきか。

もう家のほとんどは道路からは見えなくなってしまった。

みどりのネットで覆われたような威圧感に圧倒される。

数本の鎌と1台のエンジン草刈機だけで戦いを挑むのはもう無理だ。

例年とは何かが違う。

もどかしい思いが湧きあがる。

変化はわが内にある。

目の前の光景は、内なるものの投影だ。

やがて、いっせいに遺伝子の記憶が3次元空間に展開されるのだろうか。


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【変】

早朝から裏山や庭で、ウグイスが盛んに啼いている。本来は、この時期には深山の谷間や山腹にいるはずなのに、どうしたのだろうか。帰りを忘れたのか、こちらが居心地がいいからなの...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる