一部屋で

先日、BSのTVをぼんやりと見ていたら、面白い紀行番組をやっていた。

中世のルーマニアには、結婚刑務所というものがあったそうだ。

要塞のような教会に、離婚したがっている夫婦を2週間と閉じ込めて

一つの部屋、一つのベッド、一つのテーブルなどで生活をさせる。

結果は2000組につき離婚に至ったのは1組だけだったという。

というようなお話だった。

ヒトは鏡を意識せずとも避けようとする傾向がある。

自分自身を真正面から見るのに耐えられないからだ。

しかし、鏡を通してしか己は見えない。

相手に自分自身を見ることに気がつくことは、

愛の始まりなのだろう。

中世にはこの知恵があったのだろうね。






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【一部屋で】

先日、BSのTVをぼんやりと見ていたら、面白い紀行番組をやっていた。中世のルーマニアには、結婚刑務所というものがあったそうだ。要塞のような教会に、離婚したがっている夫婦を2週間と閉じ込めて一つの部屋、一つのベッド、一つのテーブルなどで生活をさせる。結果?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる