願い

イマジンで学んだことは、

「人が幸せになれない」ということは

いつも「幸せになりたいと願うこと」から来ているということだ。

つまり、

「いま、私は幸せではないのよ」と言っていることと同じである。

常に、不足感、欠乏感、不満足感、などが根底にある。

表層の願いとは裏腹に、深層は不足、欠乏、不満、でいっぱいなのだ。

それらの状況はいとも簡単に、するすると忍び寄ってくる。

つまり、(不足、欠乏、不満などの惨澹たる)願いは叶ったのだ。

そのことを少しも不可解とも疑問とも思わない頭の働きがある。

この思考や感情がエゴなのだ。

民主主義とは、話し合いで人々の不満、不満足、不平感、などを

出来るだけ満たそう、とする装置だけれども、

決して全員が満足するようにはならないのだ。

凸凹の地面をブルトーザーで平らにならすようなもの。

ベースがベースだから、エゴの言い分は常に声高でかしましい。

2000年もたているのだが、いっこうに磨がきがかからない。

成熟に向かう気配がない。

つまり民主主義は「誤り」なのである。

不安や心配事は絶えることなく、憎悪や怒りは増幅するばかり・・・・。

エゴのすり合わせだから決して洗練された域に到達することはありえない。

もっといえば3次元には正解はないということ。

高次に気づけ。

俯瞰せよ。

これは私への言葉。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる