善悪

ふと、ボツリヌス菌を思い出した。

ボツリヌス菌は食中毒の毒素としては極強毒性があり、過去から現在まで

多くの人が命を落としてきた。

一方で、この毒素を何万倍にもうすめると薬になる。

たとえば、緊張している筋肉を麻痺させ、

筋肉の緊張によって起こる様々な症状などの改善にも特効をしめす。

あるいは美容的には顔のしわを消したり、

小顔にしたりと広く用いられるようになった。

人の都合によって猛毒になり、奇跡的な特効薬にもなる。

善悪はあくまでも人の側の判断できまる。

3次元においてはすべての事象に2面性がある。表裏一体なのだ。

つまり人が判断し、比較し、位置づけし、価値を創作したといえる。

絶対的なものは無いのにもかかわらず、絶対性を求めるから幻想となるのだ。

片方に目をつぶることをエゴと言う。

生み出すのは、アタマ。

だまされ、思い悩み、もがき苦しむのは、表裏が見えないからだ。

元々無いに等しい正解を欲しがるのもエゴ。

だから思考停止して次元上昇する。

3次元は脳の作った思考の結果だから、思考を停止さえすれば自動的に

次元は上がるということ。

表裏は消え存在に気がつく。

これを解放という。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる