赦す

Lさん

私たちは身の周りに起きる事を、「都合」によって例えば幸、不幸と言う風に

分けてとらえてしまいます。

幸とはあくまでも自分の都合にあうかどうかです。

この繰り返しの人生でした。

判断し、選択した結果が今の自分ですが幸せですか?。

実は幸不幸は表裏一体,一方だけを手に入れることはできません。

ですが、3次元のこの世にあっては、我々は努力や運などによって幸だけを取り入れることが可能だ、

という誤った生き方をしてきました。

未完成の未熟な脳は、相対的な見方しか出来ないようになっているのです。

3次元の幸不幸は高次元においては一つです。

この事を理解するには、脳と言うフィルターを通すことでは不可能です。

つまり思考の結果の理解ではないのです。

本当に気がつけば幸不幸は消えています。一つです。

俯瞰出来た、と言いますね。

たとえば愛情と憎悪は対極にあります。

男女の仲が愛情から憎悪に変わることはよくあります。

この世で憎悪に変わった心を愛情に戻すことができるでしょうか。

高次元の愛と言うものに気がつけば赦せます。可能と言えます。

頭では不可能ですから思考をとめる必要がありますが。

実は愛情、憎悪は脳の作った幻想なのです。

それに踊らされていただけなのです。

3次元から高次元に行く?ことを例えば「赦す」と言いますね。

別の言葉では「今」、を体験するともいいます。

ここで初めて、鏡の意味が分かります。

ヒトは自分しか見えません。

自分しか見ていないのです。

赦すのは自分なのです。

覚悟してください。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる