お母さん

先日、高齢で痴呆が進んだ母を訪ねた。

私を息子とは認知できない状態が長年続いている。

さびしい限りである。

その母の耳元に向かって「産んでくれてありがとう」と

何度も話しかけた。

何度目かの時に、母がこちらを振り向いた。

視線が合って一瞬眼の奥に光を見たように思う。

久しく途絶えていたが、確かな交流があった、瞬間蘇ったのである。

気のせいではなかった。思いもしなかったことだからだ。

母が正常ならば、恥ずかしくてとてもいえなかったかもしれない。

師匠の薦めだった。学びの大切なキーワードなのだ。

今日、大相撲初場所で初優勝した大関・把瑠都がインタビューの中で

満場の観客を目の前にして、観客席に来ていた母親に向かって

「お母さん、私を産んでくれてありがとう」といった。

えらい!!。あの若さで、しかも自然に出た言葉だった。

今日から私は把瑠都の大ファンとなった。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる