進化?

ジャーナリストの友人からぜひにと薦められて昨年発刊されて話題になった

ベストセラー「ジェノサイド」(高野和明著)を読んだ。

帯に「世界水準の超弩級エンタメ小説」とある。確かにそうだった。

特に人類の進化に関する部分は興味深い。

本の中に次のような部分があった。以下は、引用抜粋である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「未来のヒトは間もなく不意に来る」

現生人類から進化を遂げた次世代のヒトは、大脳新皮質をより増大させ

我々をはるかに凌駕する圧倒的な知性を有するはずである。

その知的能力を、オリヴィエはこのように推測する。

「第4次元の理解、複雑な全体をとっさに把握すること、第六感の獲得、

無限に発展した道徳意識の保有、特に我々の悟性には不可解な精神的な特質の所有」

(引用終わり)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、どうだろうか。

大脳新皮質の増大が本当に上記のようなことになるのだろうか。

われわれは、4次元の理解や、第六感の獲得については違う見解がある。

われわれはもともと完全なる存在である、全てがある、

それを覆う厚い殻がある。殻を破るだけでいい。

次元のトリックに気がつけばそれが分かる。

将来、大脳新皮質の増大という進化の可能性はあるだろう。

だが、大脳は3次元を2次元に変換して理解する装置だから、

4次元の理解には決して発展しないと思う。

まして、第六感は獲得するものではない、プレゼントなのだ。

道徳の究極は愛、愛はエゴ(判断、思考)を捨てたときに反対側に現れる光だ。

わずかなトレーニングだけでもこれらのことは言えると思う。

人類の進化とは何か。

面白いテーマである。

(読後直ぐなので簡単に思ったことを書きました。)




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる