知る、伝える

人から道順を聞かれたならば、できるだけ丁寧にわかりやすく伝える。

聞くときには、よく聞き、分からなければ分かるまで質問をして確かめる。

先生と生徒との関係と同じである。

世の中のほとんど全ての事柄は言語をはじめとする五感で伝え、

五感で理解することがほぼ可能である。

だが、4次元のことになると話はまったく別なのである。

言語でしっかりと伝えようとするほど、本質から遠ざかる。

頭で分かろうと努力すれば、これまたさらに分からなくなる。

知識で分かろうとしない、知識を伝えようとしない。

何とかしようとしないことが、最良の解決法なのだ。

分からせようと何かをしないこと、伝えようと努力しないこと。

頭で分かろうとしないこと。

だから、分かったつもりでよいのだ。

いつかは気がつくときが来る。

それまで待てばよい。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる