体温

普通、体温は左腋の下で測ることが多い。

だが、何か不調和を感じたり、違和感が続くようであれば

左右の腋の下で測るとよい。

例えば左腋の下で36.6度、右腋の下が36.1度というように

左右が同じにならないことが多い。

左右の差が1度以上あれば、身体の深いところに問題を抱えていることが多い。

だが病院に行っても分かりにくいだろう。

こういうときには、エネルギー療法がよいと思う。

とくに左右の乳様突起に逆鍼療法をするとよい。

思いもよらないくらい身体が軽くなる。

さらに体温が脳幹で調整されていることも間接的に分かるというものだ。

なお、左右の温度差が0.3度以下であれば高熱であってもさほど心配はないが

温度差が1度以上あれば、平熱でも問題ありとみてよいだろう。

健康とは左右のバランスが全てでとれていることも重要な要素なのである。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる