脳幹療法

パーキンソン症のMさんのトリートメント法として去年から逆鍼療法を

週に1回のペースで続けている。

とくに脳幹にダイレクトに作用する乳様突起を介しての逆鍼は効果的である。

施術後、両手を胸の前でヒラヒラと振る試験法では、見た目にもはっきりと分かる

効果が見らる。脳内でドーパミンが適正量に調整されたと思われる。

そのことをMさん自身がよく自覚しており、現在症状の進行はほとんど見られない。

むしろ、表情が豊かになり行動は滑らかになったと周囲は言っている。

また、うつ病のSさんには、ボンの窪に逆鍼を施術して1月で、みるみる症状が

軽減した。食欲も出始め、表情に明るさが戻ってきている。

もちろん他にも改善の要因があるのかもしれないが、脳幹療法の効果は著しい。

臨床例の蓄積が急務である。

施術の自画自賛が目的ではない。

我々は脳幹に直接働きかける技法を有する、世界にも稀なグループだと言うことだ。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる