越える

師匠の言葉「DNAの才を越えてこそ、生まれがいがあるというものだ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大脳新皮質や大脳辺縁系はDNAをよく反映するように思える。

見えやすいからこそ、才となり、場合によってはDNAが呪縛となる。

われわれは本当の創造の領域に入る可能性を見出して、いま歩き始めた。

それは脳幹にある。未知の領域かもしれないが実感は確かだ。

DNAの桎梏を打ち破れるか。

この先にこそ、生まれがいがあるというものだ。

最近のつぶやきである。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる