越える

脳、前頭葉のわずか10cm四方の脳で、宇宙の果てから素粒子までを、

理解しようと志してきた人間はたいしたものです。

ですが、そういう人間を創り出した存在には思いが及びませんね。

脳の作品は一応人類の財産にはなるでしょう。

人類だけにしか通用しない限定の作品。

時間空間質量の世界の取扱説明書です。

時間空間の認識は脳のアプリケーションです。

アプリケーションが異なれば時空間はありません、というような意味です。

飛躍しますが日記ですからね。

漠然とした閉塞感は誰にでもあります。

閉じ込められている事を人類はきっと知っているのでしょうね。

では、人類は閉ざされた、閉ざされたことさえも分からないような居場所を

越えることができるのでしょうか。

ちゃんと準備してありますよ。

脳からすこし離れればいいだけのことです。

われわれはここが出発点なのです。

人は身体を持っている、感覚がある、大切にしたいものです。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる