タフ

「もっとタフな人間になりたいです」と自称子羊のK君はいう。

タフとはどういうことなのだろうか。

こころが強靭で挫折に遭ってもくじけない強さなんだろうね。

ひどい失敗や、そこから来る深い挫折感、

信じていた人や組織の裏切り、

信頼を損ねるような結果を招いた事件とのかかわり、

手ひどい経済的な損失、失職、

重い病、など・・・、からよみがえることか。

タフになりたければ、これらを経験してみることしかないようだ。

そして「自分を信じて」立ち上げることだろう。

立ち上がるとは、思いを引きずらないこと、心の舞台が広くなること、

他に優しくなれること、・・・・などだろうか。

非情なる人は、挫折感を引きずっているに過ぎません、その裏返しです。

本を読んだり、経験談を聞いたところで観念的な知識に終わり何の役にも立たない。

タフな人間を目指してなれるのではないです、

タフな人間にならざるを得ないような場に居合わせて、逃げなければいいのです。

いや、逃げる選択さえ出来ないようなことが多いです。

もう、受けきってずたずたにされてともかく生きておれば機会はあります。

師匠がいつも「選択するなら困難なほうを選びなさい」と言っておられる。

チャンスが多いからですね。

日ごろから、呼吸法やっておくといざと言うときに逃げ出さないですむかも知れません。

タフとは「喧嘩に勝つこと」ではありません、「弱点を克服する」というようなことでもありません。

「困難を乗り越える」のでもない、

このようなフレーズにとらわれないことです。このような語句を使わない人です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる