オシロイバナ


sosiroihana.jpg

オシロイバナは白粉花と書く。

この花の実は黒っぽい小さな粒だが、つぶせば純白のきれいな粉となり、

少女たちがお化粧ごっこをして遊んだものだ。

まれに男の子も混じることがある。

たとえば5人きょうだいのうち女の子が4人、末っ子が男の子というような場合。

刷り込みが女っぽくなる、とくに言葉使い、しぐさ等。

ケンチャンは小さいときから男の子とは遊べなかったな。

姉ちゃんのお下がりの浴衣を着せられて、流し目のケンチャンはきれいだった。

あまりに自然で優雅なものだから、

あこがれた腕白たちも練習したがもう間に合わなかった。

オシロイバナは夕方から咲き始めるので、夕化粧(ゆうげしょう)とも言う。

夕方から化粧する・・・。何と魅惑的な呼び名だろう。

名前はどこまでも女性的だが、この植物はきわめて繁殖力が強い。

いったん畑などに入り込まれればその後が大変だ。

地下茎は芋状だから、何度も刈り取っても、次々と湧き上がるように生えてくる。

生命力が極めて強い。夏の植物のように見えて初冬の寒さにも耐える。

しっこく、しぶとく、絶対にあきらめないしたたかさを持っている。

可憐な花だが、たくましさは筋金入りだ。

近頃の日本女性に似ている。

女子サッカーに代表されるように日本では女性が輝いている。

きっと日本は大丈夫だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる