先日のNHKの朝のTVで、

「イライラしない方法」が紹介されていた。

一つは、アロマを使う、

寝るときに、枕元に心やすらぐ香の出るものを置く。

一月も続ければ、イライラが治まるそうである。

アロマを忘れれば、やがて元に戻る。かりそめの対処だ。

もう一つは、自分の行動を実況中継する、

ほうきで畳を掃いているならば、「掃いている」「掃いている」と言う。

これは、我々が師匠から習ったやり方で、「ミを入れる」によく似ている。

もう、10年近くにもなるだろうか。

確かにエゴが抑制され、イライラは無くなってゆく。

一つのことを言っているときには、他の考えが浮かばないのだが、

我々は、TVを見ながら、明日の仕事を考えている。

食事しながら、この後どうするか思い巡らす。

話しながら、どう答えようか思案する。

読書しながら、ある単語に連想を呼び込まれてしまう。

過去に思いをはせ、未来に過去を見る、

己の時間軸を行ったり来たり、何と忙しいことか。

エゴの跳梁を許してはならない。

だから、脳を一時的にでもやすませること。

これが「無」になること、ととりあえず思っておこう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる