心の疲れをとる

精神的な落込みや、疲れを感じたとき、胸に手を当てると改善されることが多いです。

胸骨の剣状突起より4,5cm上に膻中(だんちゅう)というツボがあります。

少し窪んでいてすぐに分かります。

先ず、息をゆっくり吐いてから、

ここに右手の中指を軽く置きます、指の力はできるだけ抜いてください。

気持ちよさが実感できるまでしばらく当てておきます。

感覚はさまざまですが、心がいつしか軽くなってゆきます。

本当は手は置かなくてもよいのですが、慣れないと意識をおきにくいので手を借りるのです。

保健水を常日頃から愛飲している方(その種類を問わず)には、すぐにわかるはずです。

精神的な問題はたいていが大脳の過緊張からきます。

大脳からしばし離れようというわけです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる