鏡の前に立てば自分の姿が映る。

至極当たり前のことのように思える。

だが、なぜか?、と思い巡らせば、やがて答えに窮することになる。

光線は鏡に入射して、その点で法則に従って反射する、と思い込んでいたが

極最近、入射点と、反射点がほんの少しずれることが発見されたそうである。

確かなものと思っていたことが、簡単に覆されたということ。

ここで、「では何故?」

と問えば、「分かりません・・・・・・」。

科学的な解明はいずれされるだろう、でもさらにその先は『分かりません・・・』

言語で表される世界はとても狭く、浅い。

その先には、非言語の世界が広がっている。

沈黙の領域には、どんなにすぐれた頭脳でも踏み入れることができないのだ。

だが、「ずれ」に気づいた我々人間はすごいと思う。

量子論の進展と、精密な測定技術が背景にあった、思い込みに疑問を持った科学者がいた、

沈黙の世界が、ほんのわずかだけ答えてくれた。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる