響き

我々の言う響きとは何か。

それは、われわれの問いへの答えだそうである。

言語ではないから、その微かな響きは聞こえはしないが感じるのである。

しかしなかなか気づきにくい。

気づこうとする努力そのものが響きを遠ざけるからである。

求めようとし得た答えは、エゴから出たものでありたくさんの制限がかかっている。

これを思考の産物と言う。感覚的な満足はあるから客観性があるなどという。

どこまでもエゴを隠そうとするエゴ。手の感覚などはおそらくこれだ。

身体感覚を重視すればここで足ふみとなる。

響きを聞いたつもりの感覚に囚われれば響きから遠のく。

もう一つ、高い意識からの答えは普遍性があり、静謐なものだ。

生かされている、喜びにつながるものだ。これを我々は響きという。

答えを選ぶのは個人の自由、選択肢は自分にある。

答えが違うように、各自の響きは違うのである。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる