野菜の食べ方

羽織袴をきちんと着こなした老男性を見かけました。

小柄な方でしたが、堂々として、あたりに威風が漂って何ともいい感じでした。

凛とした風情からみれば武道家でしょうか。

日本人には着物が似合います。

この方がブルージーンズを履いたなら、どうなるのか想像だにしたくありません。

本来ジーンズは脚の長いカウボーイの作業ズボンでした。

日本人は、同じ背丈であっても外国人に較べて脚が短いいのです。

これは、草食人種なるがゆえ消化に要する腸の長さが長いからです。

平均でおよそ5m長いと聞いたことがあります。それをおさめる胴体が長くなるのは

当たり前でしょう。ですから脚は短くなります。地面が近いのです。

重心が低い、だから農耕に適しています。

師匠から聞いたお話をまぜて書きますと・・・・。

野菜の食べ方ですが、外国人は肉食です、ですから消化が速い、

だけれども腸のためには繊維質が必要だから生野菜を食べる、

野菜の中に含まれるシュウ酸は腸が短いからさほど吸収されにくいので、

影響はさほどでもない。

日本人が生野菜を食べるとどうなるか、腸が長い分、シュウ酸が吸収されやすく

その影響を受けやすくなります。だから生野菜は身体にはあまり良くない。

できれば温野菜がよいのです。

もともと日本人は生野菜を食べる習慣はありませんでした。

身体が知っていたのです。

食生活の洋風化によって、今までなかったような病気が増えてきています。

さらには放射能の問題も重くのしかかってきています。

今こそ、多角的な面から食生活を見直す必要があるようです。

われわれの会風に言えば、

八丁味噌のワカメ入り味噌汁とご飯。お野菜の煮付け、漬物、海藻類の常食。

毒物を排出し、太陽の恵みを存分に取り入れる身近な食材がいい。

地産地消が望ましいのです。


*シュウ酸について、解説集によると、
「体内で血液中のカルシウムイオンと強く結合するため毒性があり、
毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている。」




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる