雨の日々

先日から雨模様の日が続いている。

時に激しく、時々小雨、ふと気がつけば止んでいる時もある。

先日午後、所用で出かけ帰るときになってあいにくの雨だ。

駐車場までは30mはある。雨は止みそうにもない。

両手は荷物でふさがっている。

えい、ままよ、と雨の中を小走りに歩いた。かなり濡れてしまった。

車にかけこみエンジンをかけたら、小降りになり、走り出すと雨が止んだ。

くそっつ、いつものパターンだと毒つく。

こういう日は、さらに同じことが続く。

帰り着いたら、またも激しく雨が降り始めた。

車庫から自宅まではわずかしかないが、またも濡れてしまった。

こういう場合、いかなる心構えがあれば、濡れずに済むのか?

避けようとしないことである、濡れるならば濡れるにまかせるに限る。

今日もまた郵便局に行き、その帰り同じ目にあった。

濡れる濡れないどちらだって良いのだ、と思いつつ

濡れないいい方法はないだろうか、と根底では思っている。

雨雲が私の上にあって、ずっとついて来ているとしか思えない、

私が外に出ようとすれば、さっと雲が気がついて雨を降らすのではないか。

きっと、この雲は私に悪意を持っているのだ、

煩悩は果てしなく続くのだった。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる