個人の尊厳

昨日のブログを読んだ方から「個人の尊厳」とはどういうことですか?

との質問がありました。

基本的には法理論の用語に近いです。

日本大百科全書(小学館)から引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主主義の基本原理の一つで、個人の価値を尊重すること。

共同体における個人の多様な発展に究極の価値を認める個人主義の思想を根拠とするもので、

単なる私利私欲だけを追求する利己主義とは明確に区別され、

個人よりも国家や民族などに高い価値を認める全体主義と対立する。

この個人の尊厳の思想こそが、近代憲法における各種の基本的人権を生み出す原動力となったものである。

すなわち、個人を尊重することは、個人の自由と生存を尊重することであり、

したがって個人の尊厳とは、基本的人権尊重の原理にほかならないといえる。

日本国憲法も、個々の基本的人権を規定するに先だって、

その第13条で「すべて国民は、個人として尊重される」と規定している。

ドイツ基本法(ボン憲法)が「人間の尊厳は不可侵である」(第1条)と規定しているのも

同じ意味に理解される。

[ 執筆者:池田政章 ]    (引用終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民主主義は未だ完成の域には達していません。

観念が先走りしています。

それは人がまだ発展段階にあるからです。

われわれの学びは真の民主主義を目指すものと言っても良いでしょう。

別に、社会運動するわけではありません、自らの解放なのです。

一人一人が真に自立することです。

各人が己のエゴを無力化することによって、いつの日にか成就した民主主義がみられるのでしょうね。

そのときにはあらゆる枠組みが完全に変わっていると思いますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる