霊の意

霊とは何だろう。これほど多岐な定義や解釈があるものも珍しい。

この字の原初の意味はどうなっているのか。

われわれが使う霊という字は簡略体である。

20年ほど前に、漢和辞典などで調べてみたことがある。

霊という字の正式な形は靈、

霝(雨冠の下に口の字が三個ならぶ、この字もレイと読む)の下に巫の字が来る。

先ず、霝は天から降ってくるの意、雨,よきもの。

そして靈の意は辞典によれば、天から降ってくる良きものを人が受けることから、

「たましい、心、精神、命、神、神秘な力、善、すぐれている事、幸福、慈愛、あきらか・・・」

などの意が続く。

WHO(世界保健機構)の1999年の総会における、健康の定義についての提案には、

『健康とは身体的・精神的・「霊的」・社会的に完全に良好な動的状態であり、

たんに病気あるいは虚弱でないことではない。』とある。

国際的にも、身体、精神(心)、霊は分けて考えられている。

もちろん文化背景によって概念は違うはずだが、身体、心、だけの範疇に入らないものの存在を

霊と呼ぶことは共通している。

霊の中に心や精神を入れるかどうかは文化の違いだろう。

日本でも、明治、大正時代までは人々は素直に霊の意味を受け取っていたようだが、

特に戦後、霊に対して偏った認識が広まってしまった。

本来、善なるもの、天からの頂き物なのに、まがまがしい衣を着せた社会通念を作り出した時代に責任がある。

私は個人的には、素直に霊とは、「いただいたよきもの」と思っている。

だから人として存在するのだ。

スピリチュアルな解釈は敢えてしない。

上記WHOの提案に対していくつかの国が反対したそうであるが、その中に日本がはいっていたそうである。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる