放射能と味噌

今朝の当地の新聞のコラム「健康歳時記」(丸山寛之、医学ジャーナリスト)から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チェルノブイリ原発事故の際、「ミソスープ」は放射能の害を防ぐと、世界中の

話題になった。後年,改訂新版が出た世界最大の辞典「オクスフォード英語辞典」にも

「miso」の項目が加えられた。編集の責任者は、新語を選ぶ際の基準として、

「新聞などのデータベースから、定着したと認められる単語のみを選択する」

と述べている。Misoは世界語になった。

みその放射線防御作用を動物実験で証明したのは、広島大学原爆放射能医学研究所だ。

それまでにも「みそ汁を食べると、原爆症の症状が改善される」といった話は

よく聞かれたが、実験的に確かめた研究は行なわれていなかった。

一例をあげると、核分裂中性子線という強力な放射線を、マウスに照射した実験では、

普通の餌を与えた群の肝臓ガンの発生率は62%,

みそ混合の餌を与えた群のそれは13%だった。

予断を許さぬ状況が続いている福島第一原発の放射能漏れについてだが、

現段階では健康被害が心配されるレベルでは、ない。専門家はそう明言しているのだが・・・・。

(以上)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TVで、ある医学者が、「味噌なんてね、効くわけないでしょ・・・」とせせら笑って

おりましたが、この影響は大きい。偉い学者さんの言うことだからもう絶対正しい、

と善良な日本人は思い込んでしまったかもしれません。

何十万人の人が刷り込まれてしまったはず。罪作りな愚か者の学者たち・・・。

「想定外」を連発して逃げ腰の輩の言に従順に従った羊の群れの庶民よ、

今こそ、「一匹羊」になって、自らの判断で生き抜きましょう。

毎日、ワカメの入った味噌汁を飲みましょう。

(ワカメにはヨウ素が豊富に含まれている)

さらに、幸いなことに、われわれには、放射能防御関連の画像やシールが無償で提供されています。

こころの向きが正常な人が、淡々と使用すればそれでよいのです。

たとえ、終局が目前に迫っても、怖れよりは希望を選択できる、そういう生き方に心が

シフトできればよいですね。本当の意味の「自立」です。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる