人は城

福島第一原発で働いている現場労働者に、放射線被曝量を計測する線量計を

ひとりに一つずつ持たせてはいなかった、という事実がニュースであっていました。

グループの代表者に1個だけだったとか。健康管理には欠かせないものです。

線量計はセンサーと増幅回路と計数系回路、表示部の簡単な装置です。

高価なものではありません。まとめて買えば1個2万円くらいのものでしょう。

それをケチるような東電という会社がどういうところか推して知るべしです。

もう20日以上たっています。何をしてたのでしょうね。

危機管理さえ満足に出来ていません。

武田信玄の残した名文句、

「人は城、人は石垣、人は堀、なさけは味方、あだは敵なり」

を思い出しました。

どう見ても東電城は崩壊に向かってるのでしょう。

これもまた、われわれの見ているどうしようもない現実です。

日本という国の総合的なあらゆるシステムの破綻の表れでしょうか。

再生に向けて真剣に取り組む多くの方々がいる一方で、

どうしようもない薄汚れた現実があまりにも多く噴出しています。

日本再生はどうしたらよいのか、

一人一人が真剣に取り組まなければならない課題だと思います。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる