笑い

福島原発の原子炉の炉心溶融が起きそうな気配となってきた。

最悪の場合は、放射性物質が大気圏を流れ世界中に広がることもありうる。

人類存亡の危機が信じられないような速さで迫ってきている。

そんな中で、日常の生活といえば、家の修理や増改築の見積もりで考え込んだり、

雌猫ユウコリンの手術のための捕獲作戦に四苦八苦している、

獣医さんから借りてきた捕獲器をしかけているのだが、

ママ猫が入ったり、やんちゃなブッちゃんが捕まったり、

近所の悪どら猫が入っていて泣き叫んでいたり、本命は決してかからないのだ。

失敗すれば我が家は完全に猫屋敷になりそうなのだ。

滑稽で思わず笑ってしまう。

悪名高いアウシュビッツ収容所でも、明日をも知れない身でありながら、

囚われ人のユダヤ人たちは、何かにつけて笑うひと時があったそうだ。

笑いはゆとりをもたらす。スリットが開くときもあろう。

人の人たる所以である。

恐怖におののくよりも笑って時を待つ、ならば道だって開けるかもしれない。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる