心のくせ

60代の男性、Tさんの話から。

「自分のやっていることをよく観察すれば、完成の一歩手前で放り出すという悪い癖がある。

厚い本を読んでいてもあと2,30ページのところで止める、

たとえば趣味のプラモデルを作っていても完成間近で止める、

憧れのアマチュア無線の免許を取ったとたん興味が消えてしまった。

片付け物をやっていても最後までやれない、

慎重な性格なのに職場を何回も変わった、

受験勉強は、高校3年の10月に放り投げ、あとは不安を抱えながら

本を読んだり、映画に夢中になったり、だった。それまでの蓄積でやっと

大学に合格はしたが、不完全燃焼の感はずっとつきまとった。

何故だろうかと、記憶をたどったが長い間よく分からないままだった。

最近、ふと気づいたことがある。

小さいとき、一生懸命に作った模型飛行機を喜び勇んで母親に見せたら、

勉強の邪魔になるからと叱られ、とりあげられてしまった。

それからも何かをして、がんばったのだけども、常に叱られるばかりであた。

親は机の前に座っている限り安心しているようだった。

度重なるうちに、夢中になるものがなくなってしまい、興味が湧いても

心に強いブレーキがかかってしまう。

さらに、妻に「何かしよう」と提案して反対されると、突然烈火のごとく怒りが

湧き上がるこのパターンは、今も変わらない。」

と言うことだった。

その母親もすでに他界している、複雑な家庭だったらしい。

Tさんには、母親との和解が必要です、と答えたが、今でも悲しみと怒りしかありませんと言う。

母親が思い出されたときには「赦す」と言いましょう。

「湧き上がる感情はじっくりと味わいましょう、手放すにはこれしかありません。

心地よいものではありませんが、これからのあなたの課題です。」

さて、このようなパターンは結構多いようです。

母親もまた、このような経験をしてきた可能性があるようです。

因果は巡る、どこかで断ち切らなくてはなりません。

これこそが先祖供養というものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる