ルール

思考は、どこかで歯止めをかけないと暴走します。行動を伴えばはた迷惑になります。

思考のほとんどはエゴに基づきますが、歯止めをかけるのもまた別のエゴです。

エゴの産物で埋め尽くされたこの世にあって、究極ともいうべき歯止め、つまりは

エゴ対応マニュアルがあります。それを法律と言います。

社会生活上で生じる不都合を何とかしようというわけです。憲法はその親玉です。

子分の子分あたりには日本では条例、アメリカでは州法などがあります。

そのつど事件がおきるたびに追加改訂されて、「おもろい法」「けったいなルール」が

生まれました。思考は虚構ですね。ネット上にあったものを紹介します。

エゴ大国アメリカの明文化されたルールだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかなる車も後部座席にゴリラを乗せてはならない

水鉄砲を購入、販売、所有するのは違法である(マールボロ市)

市内で核を爆発させないほうがよい(マールボロ市)

ゴミ箱の中で眠ってはならない(アメリカ)

教会で子供がゲップした場合、親を逮捕する(ネブラスカ州)

床屋は午前7時と午後7時の間、タマネギを食べてはならない(ネブラスカ州)

ホテルの部屋でオレンジの皮をむいてはならない(カリフォルニア州)

象を手綱なしで商店街を通らせてはならない(カリフォルニア州)

キリンを電柱や街灯につないではならない(アトランタ)

警察官が犬を静かにさせる場合、犬に噛み付いてもよい(オハイオ州)

魚を酔っ払わせてはならない(オハイオ州)

・・・・・以下略。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカの弁護士は、無数にある法律の中から弁護に最適の勝てる条文(判例)を見つけ出すのが

仕事だそうです。上記の条文も、きっとそのような事例があってのことでしょう。

(エゴの)取り扱い説明書みたいですね。

NYの下町でたまたま火事の現場に出くわしました。

一番最初に駆けつけたのが重いかばんを抱えた若い弁護士でした。

次に駆けつけたのがTVカメラマンでした。

最後に消防車がやってきました。

わが国では、最近駆け出しの弁護士には仕事が大変少ないそうです。

法曹人口が増え始めた背景がありますが、アメリカよりはましなのかもしれません。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる