体感?

先日、地震や噴火の予知的な体感について書いたらある方から科学的な根拠がない、

と言われた。

確かに、教科書には載っていない。

科学的といわれるステージにはいまだ登場はしていない。

しかし、この種のサイトはいくらでもある。

実は、10年以上も前に、友人の大学の建築科の教授と話していて、

彼が言ったことがきっかけとなって私も感じるようになったのである。

「地震はデータを基にして統計的な予測はできるが、予知はいまのところ無理と考えざるを得ない。

だが僕は地震がおきる前に微妙な体調の変化がある。

定量的な明確さはないが、必ずしも不可能ではないのではないか・・・・、

このことは偶然に気づいたし誰にも言ったことはないが・・・・」

彼は専門書の著作もある工学博士である。

もう一つ、知り合いの小児科の医師が言った言葉である。

「気象の変化や地殻変動が大きい時にはその前後で何となく患者が増えるように思う、

震源地から遠く離れていてもそうなのだ、偶然ではなさそう・・・」

確かにきわめてファジーだが「ある」のである。

科学的な根拠はどうでもいい。

科学と言ったって、思考の範囲、言葉で作った世界だからすべて正しいとはいえない。

ある限られた範囲で通用するだけの経験則に過ぎないのだ。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる