夜空

ss110119満月



きょうの月はほぼ満月だ。

冬の月は凛として美しい。

この時間、まだ冬の星座オリオンは山陰に隠れて一部しか見えないが。

たまには夜空を見るのもよい。

中学生のころ、手作りの望遠鏡で木星を見たときの感動は忘れがたい。

星が丸く見える!!そして3,4個の衛星さえ見えた!!!

人類で初めて木星を望遠鏡で見たのはガリレオだった。

わずか400年昔である。

その感動はどれほど大きかっただろうか。

私も、自分は広大な無限に広がる宇宙の一粒だと実感したのはこのときからであった。

どうしようもない無力感と揺り動かされるような高揚感が同時に来たものだ。

「気づき」とは、「見えなかったもの」が「初めて見えたときのこと」を言う。

視点や視座を少しかえればいい。

新しい日が始まる。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる