自己観察

 先日「知覚は物質のずっと基本的な水準~~量子という不思議な世界~~

で生じているというものだった。私たちの見ているものは物体そのものではなく,

その量子情報だけであり、その情報から世界のイメージを構成しているのだ。」

と書きましたが、

量子情報が、私たちの刷り込まれた古典的情報(0or1)と大きく異なるのは、

情報を一度観測したら、その量子情報が破壊されてしまうことである,と言われています。

観測(観察)されると無力化してゆくエゴとそっくりではありませんか。

実践されてる方はよ~~くお分かりですよね。

ですから、エゴは単なる心の状態、状況を表現する哲学用概念としてではなく

リアルなモノと考えられます。つまり、エゴは粒子、です。

といって砂粒のようなものではありませんが、

観察によってエゴの情報が破壊されるのです。

(エゴが消え去るのではありません、その作用が制限されるのです)

更に言えば目の前に展開される映像、つまり我々一人一人が見ている「現実」が変化してゆくのですね。

もっとも量子情報が一つや二つ破壊されたところで、現実はちっとも変わっていないように見えますが、

何千何万回も繰り返せば、おや?と思えることもあるでしょう。

自己観察のシンプルな「見切り」と言う技法にダイレクトにつながると思います。

そういう意味で、我々のやっているトレーニングは

量子場の中の不思議な世界に踏み込んだ中で積み重ねられているのです。

人類の進化の最前線にいるという自覚がほしいなあ~~~~。

精神世界系やスピリチュアル系とは明確に異なるのです。

しかし、別に量子論を学ぶべきだというのではありません。

「やってりゃ分かるのよ」でいいではありませんか。

TVの原理が分からなくても、スイッチ入れりゃ見られます。

ま、こういう事を書きますと、疑似科学だ、牽強付会だ、とんでも技法だ、

などと言う人が必ず現れます。

固いこと言わずに、そういう思考を、見切ってみなはれ。

物理学者よりも楽になるから。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる