台詞

 先日、シルベスタ・スタローン主演の映画DVD「ロッキー・ザ・ファイナル」を観た。

その中で、主人公ロッキーと彼が愛しく思っているマリーという女性の会話に

印象深いセリフがあった。

マリーがロッキーに言う。

「過去の傷を、新しく傷つくことで、忘れてしまおうとしていないの?」

鋭い観察である。脚本はスタローン自身である。

われわれは、何十年生きようと同じパターンで同じような傷を負いながら老いてゆく。

同じ痛みを上書きしながら繰り返すのである。

つまり「物語」の外に決して出て行こうとはしないのだ。

ロッキーは厳しいトレーニングと不屈の精神でその壁を破った。逃げなかった。

観客は、おのれのあるべき姿をちらりと垣間見せられた。

この映画は鋭く観客の求めている本質に迫ったのだ。

そして、この映画は傑作となった。

映画の最終部分のファイティング場面は、

実際のプロボクシングが行なわれる直前の会場で、

エキストラではなく本物の観客の前で撮影されたという。

相手のボクサーもプロだった。

観客の歓声は、本試合よりも何十倍も大きかったという。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる