今日という日

テレビも新聞もネットでもほとんど触れていないが、

今日は「太平洋戦争開戦記念日」である。

昭和16年のこの日、日本の連合艦隊がハワイにある真珠湾を奇襲攻撃した。

その後3年9カ月に及ぶ太平洋戦争が始まった日である。

作戦開始暗号「ニイタカヤマノボレ」、奇襲成功暗号「トラトラトラ」は有名だ。

米側は「リメンバーパールハーバー」を合言葉とした。

間もなく70年になろうとする。

この日が国民の大半の意識に上らない時代になってしまったようだ。

マスコミや第一線で活躍する多くのジャーナリストにとっても同じだろう。

時は急速に加速している。遠い過去の出来事、他人事になってしまった。

何の回帰の念も無いのは仕方が無いが、この日を境にして日本は動乱の時代に向かって進んだ。

やがて終戦の混乱。多くの若者が戦死した。国民にも多くの犠牲者が出た。

そこから不死鳥のように日本はよみがえり、繁栄を謳歌する時代を迎えた。

平和な時代が続く。そしていま、先の見えない停滞のどん底にある。

国民に危機意識はない。物質的豊かさの中の安楽、飽食、放恣、無責任・・・・・・。

若者に顕著な傾向があるという。

「一億総ガキ社会」の著者片田珠美さんによれば、

「成熟拒否」という病にかかっているらしい。

精神的な打たれ弱さ、何でも他人のせいにする他責的傾向。依存症。

かって自らの命を犠牲にして国を守り、海や山や空に散った若者たちがいた。

そして、豊かさと一見行き届いた教育を受けたガキどもの時代が今だ。

若くして死と向き合った男たちが守ったものがあった。

その成れの果てを予想だに出来なかっただろう。

エゴの花は爛漫と咲きほこっている。

嵐が必ず来る。花は散る。時は近そうだ。

そのとき日本はどうなってるのだろうか。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる