ある結婚

ずいぶん前になるが、有名女子大卒の部下が、近々結婚します、と申し出てきた。

聞けば、相手は年下の若い大工職人さんだという。

職業高卒で直ぐに職人修行に入った人だった。

直ぐに式を挙げ、すぐ子供ができた。いわゆるショットガンウエディングだ。

次々と、6人が生まれ、彼女は結婚以降、とうとう職には就かなかったが、

先日街であったら、丸々と肥えて、下の子が中学生になりましたと言う。

幸せそうであった。結婚には両方の親は大反対であったが、乗り越えたのだ。

最近まで赤貧洗うが如き火の車だったらしい。

現在は、工務店の専務だそうだ。社長はご主人。

今でも家の中には何も無いです、と笑っていた。

彼女は、おおらかな人で、こだわりが無く、思い込みがさほど無い人のようだった。

大酒飲みで、男でもかなわなかった。一升瓶を前にして、平然と盃を重ねる人だった。

大学時代は英文学を専攻した才媛で卒業後はキャリアウーマンの道を歩み始め人で

家族の都合で途中から来た人だったが、あっさりと未練なく経歴を捨ててしまった。

英語の能力はすごい人だったと、ずいぶんあとになって知った。

一番上の子は、すでに大学を卒業しよいところに就職したという。

子供たちは、仲がよく助け合って、皆それぞれが好きな道を目指していると言う。

建設業も冬の時代だが、雪景色の中にある家の窓に見える暖炉のような暖かさが

余韻のように残った。

師匠の言葉

「男が女を選び、女が男を選ぶ。じゃなくて、同じエネルギーに寄り合うんだよ。」


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる