きまじめ君へ

生真面目な人は、思考回路を経由しての言動を繰り返します。

予想通りの結果にならなければ、激しく落ち込むか、

怒りが溜まってゆきいずれ暴発します。

暴発を押さえ込めば、相応の症状が出始め、やがて本格的な病に進行します。

無理な、つまりは、刷り込み思い込み従属のエゴの奴隷状態を脱して

新たな方向を示すサインなのですが、これさえも思考法で対処しようとします。

ですから、善人と言われる人がどうしてあのような病気に?、となるのです。

こういう方の遍歴をたどれば、嫌いなこと、苦手なこと、面倒なこと、やらねばならないこと、

など自分で処理してゆかなければならなかった出来事から、逃げてきたか、

他人まかせ(たいていが母親)にしてきたか、がうかがえます。

いくつになっても、被害者意識が付きまとい、日常はますます重苦しくなるばかりですが

それさえも、直面しようとはせず、他に方法を探します。

人に相談するのが苦手ですから、本屋やネット依存となります。

あるいはスピリチュアル系、精神系の方法論にいともたやすく引っかかります。

しかし、一時はそれで満足できても、陽炎のようなはかないものですから、

再度、エゴと同行の彷徨の旅に出ますね。

とくにプライド君がいっしょの人が多いようです。

この際、思い切って問題に直面し、ぼこぼこに叩かれて、面罵され、足蹴にされてでも

逃げないでください。

とは言うけれど、世間はそんなに残酷ではないと言うことも知っておきましょうね。

これは経験して学ばなければならないことです。

人との温かな繋がりに気づくきっかけにもなるでしょう。

少子化で一見、大切に子育てを受けた方に多いようですね。

がんばれ、きまじめ君。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる