ねばならない症候群

受け入れなければならない、

いとおしく感じなければならない、

あるがままをみつめなければならない、

これはすべてエゴです。

思考のフィルターを通っていますから純粋ではありません。

単なる言葉に堕しています。

精神世界系の人に多い症候群です。

善人で生真面目だけど、どこかぎこちなさを感じます。

頭の中で創り上げた世界の住人になろうと必死で、周りが見えません。

思わず、受け入れた、

とつぜんいとおしさが沸きあがった、

ふっとみれば、そのまま夢中になっていた、

が本当です。

人やモノに向かうときには

たとえば、穏やかであらねばならない、ではなく

何も考えずに、自然に振舞えばいいものを

どこかで演出しようとしてませんか。

どのような状況にあろうと、まず受け入れる、

言葉だけの覚悟ではなく、

自分の中の思考のブレーキをはずす練習が必要です。

経験から男はこれが苦手です。

さりげなく、計算でなく、思わず自然に動く、

これが、本当の、「自分に正直である」、ことのようです。

エゴに正直ならば、一方は生真面目となり、もう一方は暴悪となります。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる