青空柿。縮小


高く、抜けるように青い秋空を背景に柿が実りはじめた。

早速、カラス君たちが集い始めたが、まだ少々渋いとみえて様子を見ては

羽音高く飛び去ってゆく。

いつもこの時期になると、われわれが先か、カラス君たちが先かでバトルとなる。

われわれは、渋柿を剥いて甘い干し柿を作る事を知っている。

明日にでも、もぎ取る予定だ。

ただし、カラス君の好きな熟柿になる分はきちんと残してあげよう。

共存は大切だから。

カラスは不思議な鳥らしい。

確かに、その一つにカラスの死骸を見たことがない。

ある人は、違う次元に行くのだとさも真剣に話しておられる。

私も見たことはない。確かに不思議だ。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる