「入る」について

3mほど離れたところにある円筒形のゴミ箱に紙くずをまるめて投げ入れる、

一つのことに夢中になっているものがあって、

何気なく、ポイっと放り投げたときには、すとんとうまく入ることが多い。

吸い込まれるようにはいることさえある。

『あれ!、入った!!』

一方で、何が何でも入れてやる、と狙いを定め、注意を集中して投げても

うまく入らないことはたびたびある。

『何でやろ、ようはいらへん、う~~~~ん』

ゴミ箱投げ入れ名人は後ろ向きに投げても入れるそうだ。

実は、筋肉でコントロールしようとするほど思考が働き迷いを伴うのである。

つまり脳は筋肉と直結しているようだ。

一方で、関節に意識を持つトレーニングをした人は、迷いが無い。

したがってうまく入る,ということになる。

マリオネットと文楽人形の違いがここにあり、

シェークスピアと西鶴の違いも多分ここにある。饒舌さと簡潔さの違いだ。

あるいはまた、ベルトと帯の違い、

バッグと風呂敷の違い、

靴と草履の違い、

いよいよ、面白くなってきたぞ。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

重要関連リンク
QRコード
QR
カテゴリ
プロフィール

ロックエヴァ

Author:ロックエヴァ
療術家  

大黒屋誠二郎師を師匠として、伝授された画像や技法などを使って日々、療法に取り組んでいる。
画像、シール,保健水などの活用を中心に、心、意識、身体などについて研究を深めていく事を目的とした「まいど会」の会員。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる